婚約指輪と結婚指輪のそもそもの違いとは?

婚約指輪と結婚指輪の意味とは?

始めに婚約指輪と結婚指輪の意味について考えていきましょう。
婚約指輪とは結婚の約束をした二人の間で、一般的には男性から女性に婚約の証として送られることが多い指輪のことを言います。男性側からは婚約の記念に贈る贈り物であり、女性からは男性から送られるはじめての永遠の愛の証となります。そしてそれは形のない二人の愛情の絆の象徴としての意味を持っています。
一方、結婚指輪とは結婚をする二人の間で互いに送り合うペアリングのことを言い、結婚式において二人の永遠の愛の証として誓いの言葉とともに指輪を交換します。そしてこの指輪の交換は夫婦として一緒にこれからの人生を歩んでいきますという意味を持っています。また、結婚指輪には自分には愛を誓った人がすでにいますと周りに使える手段でもあります。
婚約指輪、結婚指輪の意味を理解すれば二つの違いについてもわかってきますよね。

婚約指輪と結婚指輪って何が違うの?

次に婚約指輪と結婚指輪の意味は分かったけど指輪自体としてはどう違うのという人のために指輪の違いについて考えていきましょう。
婚約指輪は婚約の証として送る特別な指輪なので煌びやかにデザインされているものを送る人が多いです。普段の日常生活であまり身につけることはなく、結婚式などの特別な場合に身につけます。婚約指輪で一番良く使用されているのが天然の中で最も硬いダイヤモンドがセットされている指輪で永遠に壊れることのない二人の愛の象徴として送られています。
結婚指輪は普段からお互いに身につけて生活を前提としていることが多いため、男女ともに身につけやすいシンプルなデザインを選ぶ人が多く、デザインがお揃いの指輪を選ぶ人が多いです。
婚約指輪と結婚指輪は使用用途が異なるためそれに伴ってデザインも変わってきます。選ぶ際はよく吟味してみてください。