プロポーズの時には必ず婚約指輪が必要?

婚約指輪を準備するベストタイミングとは

プロポーズの言葉と一緒に婚約指輪を渡されるサプライズ演出は、女性にとっては涙がでるほど嬉しい出来事です。しかし、現実としてはなかなかプロポーズのときに渡す男性は少なく、プロポーズしたあとに二人一緒にお店に行き購入する方法をとっています。この方法だと、サプライズ演出はないのですが、女性の好み通りの婚約指輪を贈れ、かつプロポーズは成功しているので男性は落ち着いて婚約指輪選びに付き合えます。よって、女性に婚約指輪を渡すベストタイミングは贈る側の男性からだと、プロポーズのときではなくプロポーズしたあとということになります。少数派にはなりますが、プロポーズと一緒に婚約指輪を贈る男性も少なからずいるので、女性の好みやサイズを把握しているならプロポーズのときに渡すのもベストタイミングです。

知っておこう!婚約指輪の基本デザイン

男性から女性へ結婚の意志をあらわすために贈る婚約指輪ですが、一口に婚約指輪といってもさまざまなデザインがあります。基本的なデザインは、指輪に大粒のダイヤが一粒セットされているシンプルなソリテール、指輪のアーム部分がウエーブしているウエーブ、中央に大きなダイヤがセットされその脇に小さなダイヤや色のある宝石がセットされたサイドストーン、指輪のアーム部分に小さなダイヤが敷き詰められているエタニティの4つです。これらのデザインを組み合わせて、より華やかで豪華なデザインの婚約指輪も販売されています。婚約指輪を購入するときは、女性が日常的に使うのか特別な日にしか身につけないのかによっても、選ぶデザインは変わってくるので慎重に選びましょう。